厚生労働省は1月29日、2011年5月に改正した「結核に関する特定感染症予防指針」の中間的な評価を目的とした「厚生科学審議会結核部会」を開催した。第1回となる今回は、改正予防指針に掲げられた施策を各自治体がどの程度実施しているかを調べた結果を報告。自治体ごとに温度差があることが明らかとなった。

ログインして全文を読む