日本循環器学会が5年ぶりに改訂した「心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)」が1月27日に学会のホームページで公開された。新ガイドラインでは、心房細動の抗血栓療法で使用する薬剤として、現時点で未承認のエドキサバンを含めた新規経口抗凝固薬4剤を新たに追加。ワルファリン療法時のPT-INR(プロトロンビン時間-国際標準比)測定については推奨レベルを上げた。

ログインして全文を読む