刑務所や拘置所のなどの医師不足対策を検討する「矯正医療の在り方に関する有識者検討会」は1月21日、給与水準の引き上げや兼業の規制を緩和するといった待遇改善策をまとめた報告書を谷垣禎一法務相に提出した。法務省は今後、制度の見直しに着手する。

ログインして全文を読む