ノバルティス ファーマ社は2014年1月23日に開催した記者会見で、慢性骨髄性白血病(CML)の医師主導臨床研究であるSIGN研究に、同社の複数の医薬情報担当者(MR)が不適切に関与していたことを認め、謝罪した。

ノバ社、医師主導臨床研究へのMRの関与を謝罪の画像

ログインして全文を読む