米国糖尿病学会誌「Diabetes Care」は1月17日、滋賀医大病院長の柏木厚典氏らが行った「Shiga Microalbuminuria Reduction Trial(SMART)」の論文を撤回した。滋賀医大が1月20日に明らかにした。バルサルタン(商品名ディオバン)に関する臨床研究で論文が撤回されたのは、KYOTO HEART Study、Jikei Heart Studyに続いて3件目となる。

ログインして全文を読む