厚生労働省は、昨年8月下旬に日本を旅行し、帰国後にデングウイルス急性感染を発症した51歳のドイツ人女性患者について、国内でデング熱に感染した可能性が否定できないと発表した。

ログインして全文を読む