武田薬品工業は12月27日、2型糖尿病治療薬であるGPR40作動薬fasiglifam(開発コードTAK-875)の開発を中止すると発表した。海外の第3相試験で肝機能異常が報告されたことによる。GPR40作動薬はグルコース濃度に依存してインスリン分泌を促進する新しい機序の薬剤で、武田薬品工業が最も早く第3相試験を開始していた。

ログインして全文を読む