名古屋大学は12月13日、バルサルタン(商品名ディオバン)を用いたNAGOYA HEART Study(Hypertension. 2012; 59: 580-6、以下NHSと略)に関して、「恣意的なデータの操作はなかったと判断する」との調査中間報告を公表、記者会見を行った。

名大がバルサルタン臨床研究で調査中間報告の画像

ログインして全文を読む