厚生労働省は11月26日、血液事業部会運営委員会を開き、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染した献血者の血液が、2人の患者に輸血されていたことを明らかにした。

ログインして全文を読む