第36回日本高血圧学会総会(10月24〜26日、開催地:大阪市北区)で10月24日、シンポジウム「日本における臨床試験のあるべき姿を考える」が開催された。ディスカッションでは、ICH-GCPが適用されない臨床試験や研究における質、信頼性をどのように担保するかや、臨床医が研究結果を中立的に評価するために必要なこと、医師と製薬企業との適切なかかわり方などについて議論された。

「アカデミアのトップは公正・中立的な情報発信を」の画像

ログインして全文を読む