厚生労働省健康局結核感染症課は、10月11日、ヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン接種後に生じる四肢の痛みやしびれ、脱力などの副反応に対応する医療機関を発表した。これは、厚労省における「慢性の痛み対策研究事業」の「難治性神経因性疼痛の基礎疾患の解明と診断・治療精度を向上させるための研究班」に所属する医療機関だ。

ログインして全文を読む