厚生労働省保険局医療課長の宇都宮啓氏は10月4日、第57回社会保険指導者講習会(日本医師会と厚労省の共催)で講演し、「国は『地域包括ケアシステム』の2025年までの確立を国策としている。様々な制度改正はその確立をサポートすべく行われており、診療報酬改定も同様で、2012年度改定を確立に向けた第1歩とすると2014年度改定は第2歩となる」と医療政策の方向性を明らかにした。

「超高齢社会で医療は変わらなければならない」の画像

ログインして全文を読む