日本眼科医会は9月19日、学校での定期健診から色覚検査が外されて10年が経過したのを機に先天色覚異常の受診者を対象とした実態調査を実施。様々なトラブルが起きている実態を明らかにするとともに、希望者には小中学校で色覚検査を実施し、色覚異常の生徒には学校生活や就職に際して配慮が必要だと訴えた。

ログインして全文を読む