厚生労働省は9月11日、「予防接種法施行規則及び予防接種実施規則の一部を改正する省令の施行等について」(健発0911第1号)を発出し、11月1日から小児の定期接種に使われる肺炎球菌ワクチンを13価肺炎球菌結合型ワクチン(商品名プレベナー13)に切り替えると発表した。

ログインして全文を読む