これまで、国内で患者が確認されているマダニ媒介疾患には、つつが虫病、日本紅斑熱、ライム病、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の4つだった。このほど新たに、回帰熱も存在することが明らかになった。

ログインして全文を読む