バルサルタン(商品名ディオバン)に関する臨床研究で明らかになった研究不正を検証する「高血圧症治療薬の臨床研究事案に関する検討委員会」の第2回委員会が9月2日に開催された。9月末までは、既に調査報告書を公表しているノバルティス ファーマ社、京都府立医大、東京慈恵医大を調査対象に検討を進めることになった。今回の聞き取りで、ノバ社は改めて会社組織としての臨床研究への関与を否定。また、ノバ社元社員の研究への関与度合いについても、ノバ社と大学の主張が食い違い、状況把握は困難であることがうかがえた。

バルサルタン検討委、ノバ社は会社としての関与を否定の画像

ログインして全文を読む