理化学研究所と先端医療振興財団は7月30日、「滲出型加齢黄斑変性に対する自家iPS細胞由来網膜色素上皮(RPE)シート移植に関する臨床研究」を8月1日から開始すると発表した。 同研究は、患者の皮膚細胞から作製したiPS細胞に由来する網膜色素上皮(RPE)シートを、新生血管や血塊を抜去した後に網膜下へ移植する臨床研究だ

ログインして全文を読む