厚生労働省は、7月29日、在宅酸素療法時における火気の取り扱いについて、再度、注意喚起を行った。これは、酸素濃縮装置などを使用中の患者が、喫煙などによる火災で死亡する事故が後を絶たないためだ。

ログインして全文を読む