東京都済生会中央病院(東京都港区)は7月22日、ノバルティス ファーマ社が製造販売するバルサルタンを含む製剤の採用を8月5日から中止すると発表した。中止するのは、ディオバン(一般名バルサルタン)、コディオ(バルサルタンとヒドロクロロチアジドの配合剤)、エックスフォージ(バルサルタンとアムロジピンの配合剤)。これらの薬剤を使用している入院患者は、5日から同種薬剤に切り替える。外来患者では、5日以降の処方時に切り替える。中止期間は決めていない。

ログインして全文を読む