産官学で製薬医学に従事する人の団体である日本製薬医学会(正会員数約280人、理事長:今村恭子氏)は7月18日、わが国で行われた医師主導の臨床研究で相次いで不正が明らかになったことなどを受け、「臨床研究の信頼性に関する緊急提言」を発表した。

ログインして全文を読む