新たなうつ病の治療法として注目されている反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)によるうつ病治療ガイドラインの概要が明らかになった。杏林大精神神経科学教室講師の鬼頭伸輔氏が、7月19〜20日に北九州市で開催された日本うつ病学会総会で発表した。

ログインして全文を読む