厚生労働省の科学技術部会は7月12日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの高橋政代氏が率いるiPS細胞を用いた滲出型加齢黄斑変性への臨床研究計画を了承した。厚労相が正式承認した後に、正式に臨床研究が認められる。

ログインして全文を読む