厚生労働省は、7月12日、「かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン」を公表した。同ガイドラインは、認知症を専門としないかかりつけ医(プライマリケア医)を対象に、認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)に対する薬物療法の進め方を実践的に示したもの。

ログインして全文を読む