日本高血圧学会は7月2日に会見を開き、同学会の雑誌「Hypertension Research」に掲載されたVART(Valsartan Amlodipine Randomized Trial)に関する論文のデータを検証した結果、不正なデータ操作は見つからなかったと発表した。試験の統計解析にバルサルタンを製造販売するノバルティス ファーマ社員が所属を明らかにせず関与していたことの発覚を受け、同学会の「臨床試験に関わる第三者委員会」が調査を行っていた。

日本高血圧学会、VARTに「不正なデータ操作なし」の画像

ログインして全文を読む