米国泌尿器科学会(AUA)が5月に発表した、前立腺癌の早期発見に関する新しい診療ガイドライン(以下、AUAガイドライン)では、前立腺特異抗原(PSA)を用いたスクリーニング検査の位置づけが大きく変更された。

「日本のガイドラインを変更するつもりはない」の画像

ログインして全文を読む