厚生労働省は6月14日、子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について、定期接種は継続するが、自治体から各家庭への「積極的な勧奨は一時やめる」との意見をまとめ、積極的には接種を勧めない方針を示した。

ログインして全文を読む