日本高血圧学会は5月25日、臨床高血圧フォーラムの「臨床研究における利益相反のマネージメント」と題した講演会の冒頭、同学会の「臨床試験に関わる第三者委員会報告書」の結果を報告した。これは、京都府立医大で行われた臨床研究でノバルティス ファーマが研究に関与していたにもかかわらず、その利益相反関係が開示されておらず、また発表データに不正が行われていたとされた件を契機に、臨床試験

ログインして全文を読む