「今後10数年で、数万人単位でプライマリケア医を増やす必要があるだろう」――。東京慈恵医大臨床疫学研究室長の松島雅人氏は、第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会(5月17〜19日、開催地:仙台市)の5月19日の一般口演でこう発表した。

2025年、在宅医療を担う医師は何人必要か?の画像

ログインして全文を読む