徳島県は、5月14日、県下で初めて「重症熱性血小板減少症候群(Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome:SFTS)」の症例を確認したと発表した。

ログインして全文を読む