最高裁判所はこのほど、2012年の医事関係訴訟事件に関する統計を公表した。それによると、2012年の医事関係訴訟の新規受理件数は793件でほぼ横ばい(図)。平均審理期間も24.5カ月で変化は見られなかった。

2012年の新規医事関係訴訟はほぼ横ばいの画像

ログインして全文を読む