国立病院機構相模原病院・臨床研究センターアレルギー性疾患研究部長の海老澤元宏氏は、甘味料の摂取による即時型アレルギーの健康被害状況を確認する全国調査を実施。5月11日から横浜市で開催された第25回日本アレルギー学会春季臨床大会にて調査結果を報告した。

ログインして全文を読む