日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会は5月8日、風疹の大流行を受け、ガイドラインの正しい運用を促す目的で、風疹罹患後の羊水検査の実施に関する新たな通知を出した。

ログインして全文を読む