非小細胞肺癌治療薬のゲフィチニブ(商品名イレッサ)の副作用で死亡したなどとして、東京(東日本)と大阪(西日本)の患者遺族らが輸入販売元のアストラゼネカと国を相手取り、損害賠償を求めていたイレッサ訴訟で最高裁第3小法廷は4月12日、アストラゼネカの賠償責任を否定する判決を下した。

イレッサ訴訟、原告の全面敗訴で終結の画像

ログインして全文を読む