厚生労働省は3月29日、SSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬)などの6種類の新規抗うつ薬について、小児等に投与する際は適応を慎重に検討することを添付文書に追記するよう、日本製薬団体連合会に指示した。

ログインして全文を読む