日本製薬工業協会(製薬協)は3月21日、「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」の運用の一部変更を発表し、2012年度に個別の医師に支払った原稿執筆料や講演料などについては公表しないことを明らかにした。

講演料・原稿料の個別公開は来年からの画像

ログインして全文を読む