WHOは2月28日、福島第一原子力発電所の事故による一般住民の健康への影響についてまとめた報告書を公表した。一部の地域では、小児の甲状腺癌、白血病などの発症率が上がる可能性が指摘されたが、推計されるリスクの上昇幅は小さく、ベースラインを上回る発症率の上昇は見られないだろうと結論付けられた。

ログインして全文を読む