ノバルティス ファーマは2月28日、ジペプチジルペプチダーゼ4(DPP4)阻害薬のビルダグリプチン(商品名エクア)の効能・効果を「2型糖尿病」に変更する一部変更承認を取得したと発表した。2型糖尿病患者に対して、保険診療でビルダグリプチンを使用する場合、これまでは単剤、もしくはSU薬との併用でしか処方できなかったが、今後は単剤での処方はもちろん、全ての経口血糖降下薬およびインスリン製剤との併用が可能になる。

ビルダグリプチン、全糖尿病薬との併用が可能にの画像

ログインして全文を読む