薬害オンブズパースン会議(代表:鈴木利廣氏)は2月26日、「医学研究における不正行為に関する要望書」を、厚生労働省、文部科学省、日本医学会、ならびに日本学術会議に提出した。国に対して、医学研究における不正行為の有無を公正・中立な第三者が調査する制度の創設などを求めている。

ログインして全文を読む