「癌サバイバー(癌長期生存者)における術後痛などの慢性痛への安易なオピオイド使用は慎むべき」。2月22〜23日、都内で開催された第42回日本慢性疼痛学会のシンポジウム「がん長期生存者と遅延する痛み」において、同シンポジウムの座長を務めた京都府立医大疼痛緩和医療学病院教授の細川豊史氏らは強調した。

ログインして全文を読む