大塚製薬は2月26日、パーキンソン病およびレストレスレッグス症候群(restless legs syndrome:RLS)の治療薬「ニュープロパッチ」(一般名ロチゴチン)を発売した。ドパミン受容体刺激作用を持つ新規成分で、1日1回の貼付で24時間有効な血中濃度を維持する。ドパミン受容体刺激作用を持つ貼付薬は国内初となる。

ログインして全文を読む