自民、公明両党は1月24日、2013年度税制改正大綱を決定した。小規模医療機関の税務手続きの負担を軽減する、いわゆる「4段階税制」については、医業の総収入が7000万円を超える医療機関を制度の対象外とする。個人は14年分の所得税から、法人は13年4月1日以降に始まる事業年度から適用される。

ログインして全文を読む