厚生労働省厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会は1月23日、予防接種後に重篤な副反応が生じた場合に医師が国に報告することを義務化する副反応の報告基準案を承認した。通常国会に提出予定の予防接種法改正案の関連省令に報告義務化を盛り込み、報告基準は省令で定める方針。改正予防接種法は4月1日からの施行を目指す。

ログインして全文を読む