日本医師会など医療関連7団体は11月13日、厚生労働大臣の三井辨雄氏に対し、医療に関する消費税の課税のあり方に関する検討を求める要望書を手渡した。

消費税“損税”をめぐり日医などが要望書の画像

ログインして全文を読む