東京女子医大は11月2日、日本で初めて、医学部の教育について国際基準による外部評価を受けたことを明らかにした。これは医師や患者の国際移動が増える中、世界医学教育連盟を中心に国際的な基準が作ろうという動きを受けたもの。また、2023年以降、米国で臨床に従事するための試験を受ける条件として、卒業大学の医学部が国際的な認証を受けていることが必須となるため、日本の医学部も2016年までの対応を求められていた。

女子医大が医学教育の外部評価を受けるの画像

ログインして全文を読む