超高齢社会を乗り越えるためには、守備範囲の広い「イチロー型ジェネラリスト」の育成が必要――。10月23日、GEヘルスケア・ジャパンが都内で開催したシンポジウム「医療のメイドインジャパンへの展望を探る」で、筑波大附属病院水戸地域医療教育センター教授の徳田安春氏はこう語り、医学教育の変革の必要性を訴えた。

超高齢社会に必要なのは「イチロー型ジェネラリスト」の画像

ログインして全文を読む