医師臨床研修マッチング協議会は10月25日、2012年度の医師臨床研修マッチングの結果を公表した。今回のマッチングで市中病院とマッチした医学生はマッチ者の54.4%。2009年まで徐々に縮まっていた大学病院と市中病院におけるマッチ者数の差は、2010年以降再び広がる傾向にある。大学病院が有利になると考えられていた2010年度からの臨床研修制度の見直しも、結局効果はなかったといえそうだ。

マッチング最終結果、大学病院離れが一段と進むの画像

ログインして全文を読む