全国がん(成人病)センター協議会は10月23日、1997年から2004年に同協会加盟の31施設で診断・治療された院内がん登録のデータ24万件をデータベース化した「KapWeb」を公開した。30以上の癌種について、病期、性別、年齢、治療法などに応じて生存曲線を表示できる。初発だけではなく、治療開始から一定期間生存した患者の生存率の推計もできる。今後、毎年4万症例を追加する予定という。

ログインして全文を読む