厚生労働省の薬事・食品衛生審議会一般用医薬品部会は10月17日、持田製薬が製造販売する脂質異常症治療薬「エパデール(一般名イコサペント酸エチル)」の一般用医薬品(OTC薬)の製造販売を承認した。効能・効果は「健康診断等で指摘された、境界領域の中性脂肪値の改善」。中性脂肪値が150mg/dL以上、300mg/dL未満の人が服用対象となる。

ログインして全文を読む