ライフネット生命保険(東京都千代田区)はこのほど、医療保険の給付金請求時の提出書類から、医師の診断証明書を原則不要としたことを発表した。診断書の提出を不要とし、2010年より医療機関の窓口で発行が求められている「診療明細書」と請求者が記入する「治療状況報告書」で代用する。同社が現在、給付金を支払っている医療保険の9割で診断書が不要となるという。

ログインして全文を読む