日本医師会長の横倉義武氏は10月3日の定例会見で、10月1日に発足した野田第3次改造内閣について触れ、厚生労働省の新政務三役への期待感を示した。厚労大臣、副大臣、政務官の政務三役の5人中3人が医師や薬剤師の資格を持つ医療職経験者であることを受け、「医療現場での経験を生かし、厚労行政をリードしていくことを望む」と語った。

「医療現場での経験生かせ」、日医が新政務三役に期待の画像

ログインして全文を読む